日本の素朴美容素材 関西地方

「実生ゆず/大阪府箕面市」植樹・栽培されたものとは比較にならないほど生命力があり、有効成分も高濃度である実生ゆず。自生するワイルド(野生)プランツといえる。色素成分βクリプトキサンチンはビタミンC同様メラニン色素の生成を促すチロシナーゼの働きを抑えてシミをできにくくし、コラーゲンの合成を促す。ヘスペリジン(ビタミンP)はビタミンCと協調して細血管を強化、血行促進作用が期待できる。(配合製品:ゆずモイスチャークリーム/ゆらぎスタイル

「天然水ごろごろ水/奈良県天川村」ミネラルを豊富に含む。(配合製品:ネロリラ ボタニカ ブルーミングシャワー)

ABOUTこの記事をかいた人

美容記者歴30年。美容研究家。国産の旬のナチュラル素材を使った「素朴美容」と、透明感や清潔感を大切にした大人のメイクレシピを研究。 ほどほどのミニマリストであり、お洒落、靴、読書、料理、運動、サプリ、口笛が趣味。美大卒。 ちなみにかつての愛読誌は「オリーブ」と「暮しの手帖」。