美容ジャーナリストが動画配信を始めた理由


Deprecated: Non-static method adsensem::filter_ads() should not be called statically in /home/nefiyu/www/wp/wp-includes/class-wp-hook.php on line 303

Deprecated: Non-static method adsensem::filter_ad_callback() should not be called statically in /home/nefiyu/www/wp/wp-content/plugins/adsense-manager/adsense-manager.php on line 198

Deprecated: Non-static method adsensem::filter_ad_callback() should not be called statically in /home/nefiyu/www/wp/wp-content/plugins/adsense-manager/adsense-manager.php on line 201

(こちら、動画の原稿です)

ご挨拶

皆さんいかがお過ごしですか? 錦織なつみです。いつもご視聴いただきありがとうございます。

今日は、この【素朴美容&大人の新しいメイク】チャンネルがどんなチャンネルなのか皆さまにお伝えしたいと思います。

チャンネルURL:

https://www.youtube.com/channel/UCGEykUUzhqVuKI87sanyi5g

自己紹介

まず簡単に自己紹介をしたいと思いますが、興味のない方はこの動画の後半でどんな情報を発信していくのかお話ししますので、そちらにワープしていただければと思います。

私は美大卒業後、約30年間美容ジャーナリストをしてきましたが、体調崩したのをきっかけに素朴美容を研究するようになりました。

スポンサードリンク



美容ジャーナリスト時代は、エルジャポン、装苑、スプリング、リンネルなどのファッション雑誌で美容ページをつくってきました。化粧品会社から送られてくるたくさんの化粧品を試していいと思ったものを連載やメイクページでご紹介しました。化粧品開発、ネーミングやコピーライター、化粧品ブランドへのアドバイザーも経験しました。

美容医療やエステなども取材して、多くの美容界の巨人にお会いする機会に恵まれたんです。印象に残っているのは、ヘアドレッサーのヴィダル・サスーン氏とモデルのりょうさんです。おふたりとも肩の力が抜けた自然体でいらしてとても魅力的でした。

また、蒸しタオルや手によるマッサージの威力を教えてくれたエステティック界のお姉さま方にも感謝しています。

そんなふうに最先端の美容とコスメにどっぷり浸かっていたわけですが、体調を崩したとをきっかけに「素朴美容」を追求するようになりました。

従来の化粧品の、香りや刺激が辛くなってきたんです。

また、ちょうどその頃オーガニックコスメが続々と上陸するようになったり、インターネットが普及して一般消費者の皆さんの、意外と素朴な美容生活を知ったことも大きかったです。

例えば、シミひとつない美肌のおばあさまにその秘訣を聞いたら、ゆずの種を焼酎に漬け込んだ化粧水をずっと使っていると教えてもらって、それをやったらすごく肌が綺麗になった、といった経験談がインターネットの世界に溢れていたんです。

それを一つ一つ掬い上げて、何万個もの化粧品を使ってきた自分の肌で試すうちに、ごく素朴なスキンケアでむしろ肌が健康になっていくのを実感したんです。

それらをまとめて「素朴美容、はじめました。」という本も出版したんです。

でも、雑誌は大きな化粧品会社が広告主ですから、スーパーで買える米油や米ぬか、焼酎や日本酒を使う「素朴美容」を発信する余地はほとんど見つかりませんでした。

そこでYouTubeでの動画配信をスタートしたわけです。

内容

ではここから、このチャンネルでお届けする動画の内容をご紹介します。

主軸となるのは、素朴な美容素材を使った「素朴美容」的基本のスキンケアです。米油でクレンジングし、米ぬかや米ぬか酵素で洗う“米米洗顔“や、日本酒や酵素などの発酵化粧水、馬油や米油、椿油などで仕上げます。

さらに、季節の植物1種類から採られた“モノボタニカルウォーター“を肌から、同じ植物をお茶やドリンクとして内側から摂ることも提案します。このモノボタニカルには、早春は白樺樹液、春は蓬、梅雨はどくだみ、夏は西瓜、秋は糸瓜や黄烏瓜があります。

他にも、日本の森林からは黒文字の間伐材から抽出される黒文字水、海からは海洋深層水、そして各地の温泉水も美容に活用します。

スポンサードリンク



こうした姿勢が評価され、2018年農林水産省の森林資源活用委員も務めさせていただきました。

そう、皆さんお気づきと思いますが、「素朴美容」のキーワードは地産地消・肌土不二です。

自分が暮らす土地が育む素材には、そこで生きるのに必要な栄養が詰まっていると考えます。例えば、日本は湿度が高いので、湿気を取る植物が自然と生えています。そうした地元の産物を活用すれば、地域活性になり、また遠くから運んでくる燃料も節約できるというわけです。

そんな、肌にもお財布にも環境にもやさしくて、持続可能な素朴美容情報をお届けしたいと思います。

メイクも、キーワードは持続可能です。50代になったわたしが、トレンドをほどよく取り入れながらも無理しないで続けらる、大人の新しいメイク法を、刺激となる成分を配合しないフリー処方や、生き物に配慮した製品を中心にお伝えします。

またお財布の面からも持続可能な美容として、大人が使えるプチプライスコスメや、視聴者の皆さんからのご要望が多い白髪が気になる世代のヘアケアやダイエット情報、歯を健康で美しく保つ情報など健康情報も発信していく予定です。

まとめ

今日はこのチャンネルの紹介動画をお送りいたしました。とにかく、「見てよかった」と感じていただける皆さんのお役に立つ情報を発信していきたいと思いますので、ご期待ください。頑張れる範囲で頑張ります。

では皆さま、健やかにお過ごしくださいませ

スポンサードリンク



 

ABOUTこの記事をかいた人

美容記者歴30年。美容研究家。国産の旬のナチュラル素材を使った「素朴美容」と、透明感や清潔感を大切にした大人のメイクレシピを研究。 ほどほどのミニマリストであり、お洒落、靴、読書、料理、運動、サプリ、口笛が趣味。美大卒。 ちなみにかつての愛読誌は「オリーブ」と「暮しの手帖」。