CATEGORY 素朴美容

日本の素朴美容素材 関西地方

「実生ゆず/大阪府箕面市」植樹・栽培されたものとは比較にならないほど生命力があり、有効成分も高濃度である実生ゆず。自生するワイルド(野生)プランツといえる。色素成分βクリプトキサンチンはビタミンC同様メラニン色素の生成を…

日本の素朴美容素材 中国地方

「えごま油/島根県奥出雲」脳によいとされるα-リノレン酸が豊富。(配合製品:植物性プラセンタエキス 穂のしずく/ピヴォーヌ・インターナショナル) 「出雲湯村温泉水/島根県出雲」角質を柔らかくし老廃物を取りやすくする単純ア…

肌は白く、髪は黒くする奇跡の梅エキス(全国)

北海道から沖縄まで全国で収穫できる梅の実は、梅干しとして日本人の健康を長く支えて来た健康素材の代表格です。 食べると身体中の潤いが増す梅の実 中医学によると、梅を食べ物や飲み物として摂取すると体表や体内の潤いである「津液…

江戸時代からの美人水、糸瓜(へちま)水(全国)

江戸時代から美人水として愛用されてきた伝統的な素朴美容素材です。日本中で栽培することができ、水に浸けたり煮たりしてへちまタワシも台所やヒジヒザ擦りに使われてきたから、見たことある方も多いのではないでしょうか。 へちまには…

これなら続く!お湯シャンプーの秘訣

お湯ですすぐだけのお湯シャンプーに挫折したという声を聞きます。 頭皮がすっきりしない、毛先が乾燥して髪が美しく見えないなど、やめてしまう理由はいろいろあるようです。 とはいえ、徐々に頭皮の状態が健康になったり、匂いが出に…

秋は肌断食&シルクで自ら潤える肌育を

10月(神無月)です。いよいよ涼しく、そして寒くなってきましたね。そろそろ夏の肌ダメージも落ち着く頃でしょうか。 気候が穏やかで湿度もほどよい10月は、肌を育てる絶好のチャンス。外から与えられる化粧品に頼らずに、自ら潤え…

パサつく髪・くせ毛をつやつやにする6つの髪質改善法

私、髪質がほんと悪くてですね、生まれてこのかたボサボサ・くせ毛・浮き毛(アホ毛)の三重苦人生を送って来ました。「肌がきれいなら髪はいいや」と見て見ぬふりをし、スキンケアに邁進してきました。 でもでも、50歳を越えますと、…

夏の肌ダメージにはヘチマ化粧水とキダチアロエ

まだ夏の肌疲れも取れぬのに、朝晩ふと乾燥を感じることもある長月(9月)。秋の夜長はゆったり素朴美容して、肌と心を癒しましょう。 主役はサポニンたっぷりヘチマ水 ちょうど9月に収穫を迎えるのがヘチマです。素朴美容では「旬の…

ケアに困る夏の肌はスイカ化粧水でさっぱり保湿

まだまだ暑い日が続きそうですね。葉月(8月)の素朴美容メニューをお知らせいたします。 洗顔は米油クレンジングと肌質に合った洗顔チーフで。私は鼻の毛穴詰まりを取るため、夏は笹和紙の洗顔タオルを使っておりますが、肌が弱ければ…