植物性乳酸菌! おうちで手づくり 豆乳ヨーグルト

食後に何かデザートを食べたいというとき重宝するのが、豆乳ヨーグルト。最近すっかり気に入っています。

image

最初のヨーグルト菌起こしさえやってしまえば、後の管理はかんたんです。

スポンサードリンク



かんたん豆乳ヨーグルト菌起こし

玄米(私はお家にあったアムリターラの七分搗き米を使用)約10粒ほどを容器に入れたら、ひたひたに浸かるくらいの量の豆乳を注ぎ、軽くフタをします。様子がわかるように、透明な容器がオススメです。

コツは絶対に混ぜないこと。容器を持ってそっと回す、というのも絶対ダメです。ただ豆乳を注いでひたすら待ちます。

5〜7日ほど触らずにいると、ある日ムクムクっと変化が生じているはず。それが菌が目覚めて発酵を開始したサインです。でも、このたびも絶対に混ぜず、豆乳をそっと今までの倍の量になるまで注ぎます。すでに菌が活性しているので、今度は1日か2日で発酵するはず。

発酵してきたら、もう一度豆乳をそそいで倍量にします。ここまでくればもうヨーグルト菌は活性しているので、今度は半日くらいで発酵します。
これでタネ菌の出来上がりです。底の玄米が混じらないよう上だけそっとすくって、新しい豆乳に混ぜましょう。今度は思いっきり混ぜてだいじょうぶ!

一般的な豆乳は、絞りかす=おからを取り除いてしまいますが、私はおからが入ったままの豆乳を使っています。スジャータのまるごと大豆といいまして、おそらく水煮大豆をまるごとミキサーにかけているのだと思います。

image

クリームみたいに濃厚でふつうの豆乳より美味しい。豆乳嫌いの方でもだいじょうぶなんじゃないかと思います。

で、これの1リットルパックに大さじ2〜3杯ほどの豆乳を入れたら、豆乳パックの口をしっかりふさぎながらシェイクシェイク。常温で半日ほどでできあがりますが、途中で何度かシェイクするとより滑らかにできるようです。

玄米起こしの乳酸菌で大事故発生!

と、ここまでは数年前の原稿です。ここからは豆乳ヨーグルトのその後をご報告します。

玄米から起こした乳酸菌で作る豆乳ヨーグルトはすぐにでき、味も美味しかったんです。ところがところが、なぜかオナラが止まりません。そのうち止まるかと思いきや、ますます連発&ますます臭く(笑)。

このままではヒトに迷惑をかけると思い、思い切って捨てました。

で、色々調べ、乳酸菌のサプリメントをカプセルから取り出し、豆乳に混ぜる方法を試してみることに。

するとこれがなかなか良くて、最初こそ乳酸菌同士がバトルしているのか?できが不安定でしたが、そのうちキングオブ乳酸菌が決まったらしく、安定して美味しい豆乳ヨーグルトが作れるようになりました。

オナラを連発することも、ご迷惑になるほど臭くもないようで。しばらくはこれで行こうと思います。

ちなみに私が使っている乳酸菌は、アイハーブで買うPB8という製品。

オリジナルフォーミュラと、ベジタリアンカプセル使用のがありますが、私はブルーのオリジナルフォーミュラを愛用しています。

ちなみにアイハーブを初めて利用する方は、紹介コード COZ286 を使うと10%引きになります。

スポンサードリンク



日本人の腸には植物性乳酸菌

牛乳でつくるヨーグルトは動物性乳酸菌ですが、豆乳ヨーグルトは植物性乳酸菌。だから私たち日本人の腸に合っていると思います。味もなかなかの美味。個人的にはふつうのヨーグルトより好き。はちみつかけるとさらに美味しいです。

ちなみに麹で発酵させた甘酒を豆乳に混ぜてもヨーグルトになるそうで、試してみましたが、酸っぱくてイマイチでした。

食後のデザートにしてダイエット

食後に何か食べたいというとき、ぜひ試してもらいたい豆乳ヨーグルト。お菓子を食べるより、体重管理的にも腸内フローラなど体調的にもいいと思うのです。

スポンサードリンク



ABOUTこの記事をかいた人

錦織なつみ 素朴美容研究家。国産の旬でナチュラルな素材を使った「素材美容」と、大人でもナチュラルコスメで最大限キレイになれるメイクレシピも研究。 25年以上 美容ジャーナリストとして数万個のコスメをテスト。長期連載した雑誌はELLE japon、文化出版局 装苑、宝島社SPRINGなど。 ちなみにかつての愛読誌はオリーブと暮らしの手帖。美大卒。吉祥寺在住。