効果の持続期間がぐっと長くなったイオンドライヤー

使っていたイオンドライヤーが古くなり、髪の毛が異常に熱くなるようになってしまいました。壊れてしまったようです。

髪がバサバサに乾燥してしまい、手触り悪いことこの上ない。

そこで、新しいドライヤーを手に入れることに。いろいろ検討した末に、テスコムのTID8Jに決めました。

もちろんイオンが出るイオンドライヤー。しかも静電気抑制の‘プロテクトイオン’モードがあります。

なのに1万円を切る価格。このお手ごろ感がなんといっても魅力です。

イオンドライヤーは最近、高価格のものがたくさんあって迷ってしまいますよね。

ヘアメイクさんが3万以上する話題のドライヤー(顔もリフトアップするってアレ)を持っていて、髪をブローしてもらったりもしたのです。確かにとっても良かったのですが、やはりお値段がネックで。ドライヤーはいつか必ず壊れるもの。一生モノではないのでね。

で、選んだテスコムですが、これがすこぶる調子よい。まず風量たっぷり(1.8㎥/分)で乾きが早い。でもイオン効果で、髪内部の水分はちゃんと残っているのが分かります。そして髪のツヤもちゃんと出てます。

風量はドライとセットの2段階。冷風も同じく2段階に調整できます。

あと、海外でも変電機なしでそのまま使える自動電圧機能がございます。

つまり旅行にも持っていけるわけですね。重さは約550gと、さすが旅行用というだけあって軽めにできてます。(ちなみに一泊旅行に持っていくにはちょっと大きい。旅行先にしばらく滞在するとき用ですかね)

折りたためるタイプですが、そのへんのつくりもしっかりしていて、古くなってもガクッと折れてしまったりの故障は起きなさそうな印象です。

悪い髪質とずっと奮闘してきた私ですが、このドライヤーには充分満足しています。

 

ABOUTこの記事をかいた人

錦織なつみ 素朴美容研究家。国産の旬でナチュラルな素材を使った「素材美容」と、大人でもナチュラルコスメで最大限キレイになれるメイクレシピも研究。 25年以上 美容ジャーナリストとして数万個のコスメをテスト。長期連載した雑誌はELLE japon、文化出版局 装苑、宝島社SPRINGなど。 ちなみにかつての愛読誌はオリーブと暮らしの手帖。美大卒。吉祥寺在住。