クリームチークみたいに発色するシン ピュルテ クリアチーク カラー

シン ピュルテから2016年4月14日にデビューする、待望のカラーアイテム。ファーストコレクションはグロス2種とパウダーチーク2種です。さっそく試してみたら、このチークがとっても使いやすい。パウダーなのにクリームチーク並みにしっかり発色するのです。

image

↑左がシルキーオレンジ、右がパウダーピンクです。

 

手の甲にファンデーションを塗り、その上からつけてみました↓

image

↑先ほどと同じく、左がシルキーオレンジ、右がパウダーピンクです。

スポンサードリンク



クリームチーク並みの発色

かなりしっかり色が出ているのがお分かりいただけるでしょうか。これを見ると右側のパウダーピンクが薄く感じますが、じっさい顔につけてみるとけっこうハッキリ色がつきます。

これくらいしっかり発色するのは、クリームチークが主流の今はとっても便利。パウダーチークの手軽さで、クリームチーク並みのメイクができちゃうわけですから。

イエローベースの私は、シルキーオレンジがなじみます。が、意外とパウダーピンクも顔から浮かず、かなりいい感じなんです。

日本女性の肌に合わせているから、イエベでもピンクが使えるんですね。ネイビーや水色など、クール系の服を着るときにはパウダーピンクをつけようと思います。

100%天然由来

こちらはミネラルカラーパウダーに、相性のいい植物オイルを配合。ザクロ種子油やローヤルゼリーエキスも入っています。だからパウダーなのに乾燥しにくく、皮脂の少ない頬もしっとりうるおうんですね。

色素沈着やアレルギーの原因になるタール色素はもちろん不使用。さらに、最近アレルギーの報告が増えている昆虫由来の天然色素、コチニール色素も使っていません。コチニール色素はオーガニックコスメにもよく使われますが、肌に合わない人も多いようです。

スポンサードリンク



ツヤ肌に見せる自然な光沢

毛穴や凸凹を目立たせるラメは使っていませんが、ほどよいツヤが出ます。これはおそらくミネラルカラーパウダーが持つ、ナチュラルなツヤ。わざとらしくないほのかな光沢感もいい感じです。

シン ピュルテは海外ではなく、国内工場での生産をあえて選んだそう。やはり日本人の肌に合う、日本人好みのカラーアイテムをつくるには、同じ日本人のほうがコミュニケーションが取りやすいのだそう。

そんな工夫の末に生まれたシン ピュルテ クリアチーク カラー。みなさんもクリームチークに負けない発色を楽しんでくださいね。

クリアチーク カラー シルキーオレンジ/パウダーピンク ともに¥2,500(税抜)/スタイラ

 

スポンサードリンク



ABOUTこの記事をかいた人

錦織なつみ 素朴美容研究家。国産の旬でナチュラルな素材を使った「素材美容」と、大人でもナチュラルコスメで最大限キレイになれるメイクレシピも研究。 25年以上 美容ジャーナリストとして数万個のコスメをテスト。長期連載した雑誌はELLE japon、文化出版局 装苑、宝島社SPRINGなど。 ちなみにかつての愛読誌はオリーブと暮らしの手帖。美大卒。吉祥寺在住。