日本のシミには、国産美白

日本のシミには、日本の美白

「身土不二」という言葉があります。自分が暮らす土地と自分の身体は切り離せない。つまり地元で採れる旬の食べものが元気な身体をつくるという考え方です。

確かにこってりした洋食が続いた後、素朴な和食を食べると心身がホッとしたりします。そうやって地元の旬を食べていれば、自然と体調を整えられるのです。
実はスキンケアも同じ。日本の肌には日本のコスメがいちばん合います。手作りのゆず化粧水だけを使い続けてシミひとつない美肌のおばあちゃまを、みなさまもご存知だったりしませんか?

スポンサードリンク



遠くの国から取り寄せた高価な原料よりも、身近な国産化粧品。そんな「肌土不二」の考え方に基づく、パワフルな国産オーガニックコスメがたくさん登場しています。
特に今年、2016年は美白ものが充実。思えば昔から日本には、肌を白くする良きものがたくさんありました。麹を触る杜氏の手が白いことから見つかったコウジ酸、甘草の根にはグリチルリチン酸、伝統的に使われてきたハトムギにドクダミ、などなど。

最近では研究が進み、さらに新しい成分が見つかっています。それらを使った国産オーガニックコスメのなかから、効果を実感できたものをご紹介しましょう。

梅花酵母で白さと透明感を

発酵美容が注目されていますね。発酵した酒粕や味噌をよく食べる人の肌は白くてシミが少ない。そこで話題になっているのが、石見銀山遺跡内公園の梅の花から発見された〝梅花酵母〟です。

この酵母、黄色く変質した角質を白くて透明感ある状態にリセットする、抗糖化作用に優れています。特に梅花酵母エキスたっぷりのMeDu〈保湿クリーム〉がおすすめ。軽くてすべるような感触が気持ちよく、肌をこすったり引っ張ったりせずにつけられます。

これは大豆レシチンのよる感触だとか。安心ですね。使い続けると肌の黄みが取れて、質感もやわらいでくるので、顔だけでなく首のお手入れにも。

MeDu〈保湿クリーム〉30g 6,000円(税抜)/石見銀山生活文化研究所 www.medu.jp
*アルコール不使用、石油系界面活性剤不使用、香料不使用、鉱物油不使用、紫外線吸収剤不使用、合成着色料不使用

お米の国産セラミドで保湿系美白

ところで美白といえばやはり美白美容液。おすすめはメデル ナチュラル ホワイトセラム(薬用美白美容液)ワイルドローズアロマ。

つけ心地がいいからついつい使い、結果いつの間にか肌が白くなっているという嬉しいコスメ。この心地いい保湿感は米由来の国産セラミドによるもので、お米だから日本人の肌となじむのか本当にみずみずしい肌になります。

84%が天然由来成分なのに美白成分を高濃度に配合した医薬部外品、という実力派でもあります。

メデル ナチュラル ホワイトセラム(薬用美白美容液)30mL 2,000円(税抜) 3月15日発売予定/ビーバイイー www.bxe.co.jp
*鉱物油不使用、シリコン不使用、パラベン不使用、石油系界面活性剤不使用、合成香料不使用、合成着色料不使用、動物性原料不使用

スポンサードリンク



シミ専用密着美白クリーム

美容液やクリームでしっかり美白すると、逆にシミが目立ってしまうことがありますよね。でも、オーガニックでピンポイントでシミにも効く、なんてものがあるのでしょうか?

実は今シーズン、HANAオーガニックからシミ専用美白クリームが出ました。HANAオーガニックはデビュー当初から、使うと白くなるとの噂が。

新作のシミ専用クリームがに効く仕組み…シミは炎症している部分にできるので、まずは5つの和漢植物(桑白皮・薏苡仁・甘草・朝鮮人参・黄檗)で炎症を鎮め、その上で美白成分 ビタミンCや朝鮮アザミでシミを白していく。

だからオーガニックコスメとは思えない、いえオーガニックコスメだからこそのパワフルな効果が得られます。

HANAオーガニック ホワイトクリーム 15g 5,000円(税抜) 5月下旬発売予定/フォレスト hana-organic.jp

img_0907

伝統の椿油にも美白効果が

椿油は日本古来の美容に良きものですが、最近ではすっかり日本美容界に復活しましたね。椿油は種から絞るわけですが、実は椿のお花にチロシナーゼ活性を阻害して、シミ・そばかすに効く成分が見つかったそう。

このツバキ花エキスを配合したのが オーガニックカメリアスキンローションです。椿も日本各地に咲きますが、こちらは厳しい暑さと紫外線にさらされて育った沖縄県国頭村のもの。

だから、より高い美白力・抗酸化力を期待できます。さっぱりしたテクスチャーで春夏にぴったりかと。

オーガニックカメリアスキンローション 100mL 2,800円(税抜)/AVYAN okinawacosme.jp
*有機JAS認定農場栽培 カメリア(椿)使用

シルクの天然パワーで日焼け止め

さて、美白のために紫外線対策は欠かせません。日焼け止めや帽子に日傘もいいけれど、どうせならすっぽり肌を覆ってしまいたい。平安時代のお姫様のように…。

そんな理想の日焼けが、然-しかり- シルク美容液なんです。さすがに顔を布で覆ったりはできないので、シルクを肌になじみやすいサイズに加工して美容液にしたという奇跡のような品。

ふつうの美容液として塗れば肌はシルクですっぽりと覆われて、紫外線だけでなく外的な刺激からも保護します。

ケミカルな日焼け止めはそれ自体が刺激になってシミを招くことがありますが、こちらは人の肌にごく近い組成のシルク。だからつければつけるほど美肌になるという素晴らしい日焼け止めです。

然-しかり- シルク美容液 30g 3,429円(税抜)/長寿乃里 www.choju.com
*完全無添加(無着色、無香料、防腐剤不使用、鉱物油不使用、石油系界面活性剤不使用)

内臓からもホワイトニング

シミ対策として最後にご提案したいのが、内側からの肝臓ケア。一生懸命美白して日焼け止めも頑張ったのにシミができてしまったという経験、ありませんか? もしかするとあなたの肝臓は疲れているのかも。

肝臓は毒素をデトックスする大切な臓器ですが、飲み過ぎ食べ過ぎで十分に機能していない人が増えています。そうなると血液に老廃物が残ることになり、それが細胞に蓄積されてシミになるんです。

そこで春ウコンを。ウコンは肝機能を元気にしてシミができにくい状態にします。また、シミの大きな原因のひとつである炎症を内側から抑えてもくれる。

外からは美白コスメで、内側からはウコンでシミをはさみ打ちするわけです。

低音製法 沖縄産 春ウコン末 60g(1.5g×40包)3,000円(税抜)/アムリターラamritara.com
*農薬不使用、化学肥料不使用、添加物不使用、甘味料不使用、保存料不使用

まとめ

こうやって見るてみると、私たちの身近な素材に肌をキレイにする才能が隠れていたことがわかります。日本の肌には日本の美容。日本のシミには国産美白。秘められた国産素材の美的パワーが発見されるのを、ワクワクしながら待ちたいと思います。

スポンサードリンク