フライパンに一生モノなし!

一生モノと思って買ったお高いフライパンがダメになったので、近所のスーパーでーフライパンを買いました。どうやらフライパンに一生モノはないようです。

新しいフライパンは軽くて深く、ガスでもIHでも、熱源を選びません。ダイヤモンドコートだから金属ヘラも使用可能。約1,900円でした。

スポンサードリンク



一緒に24/26/28センチのフライパンに使えて自立するフタも購入。こちらは約900円でした。

image

一生モノのフライパンが突然ダメに

今まで使っていたのは写真左に写っているル・クルーゼ。料理研究家が雑誌で薦めていました。確かに全く焦げつかず、ここ数年毎日活用してきたんです。

が、1ヶ月前のある日、突然焦げつくように。一生モノと清水の舞台から飛び降りた高級品だったので、かなりショックでした。

ル・クルーゼにテフロン加工をして再生しようかとも考えましたが、送料やらけっこう費用がかかると分かり、諦めました。

次はどんなフライパンにしようかと泣きながら検索したところ…、「フライパンに一生モノなし」「割り切って安いフライパンを使い捨て」との意見がけっこう多いのです。目から涙がウロコに変わりました。

意外と優秀なスーパーのフライパン

さて、スーパーで買った新しいフライパンですが、もうほんとにちゃんと優秀。しかも軽くて使いやすいです。

サイズはル・クルーゼが22センチ薄型だったのを、新しいフライパンはちょっと大きめの26センチ深型にしました。

ル・クルーゼの口コミで、けっこう重いから22センチにして正解、というのをまねしたのですが、大ざっぱな性格の私にはちょっと小さ過ぎました。(パンケーキくらいしか焼かないなら22センチ浅型でもいけると思います)

私の場合、野菜炒めなどは料理するさいガーっと混ぜるもので。材料があふれてガス台が汚れてしまうのです。なので前回よりちょっと大きめ、かつ深いものにしました。

強火にかけない、空だきしない、ステンレスたわし等でゴシゴこすらないといった縛りはありますが、これは高級フライパンでもおなじですよね。ていねいに扱って、長持ちさせたいと思います。

スポンサードリンク



昔使っていた鉄のフライパン

以前テレビで蛭子能収さんの奥さまが、鉄分補給を兼ねて使っている愛用の鉄製フライパンを紹介していました。

「なるほど、鉄製フライパンか」とさっそく真似しましたが、けっこう油をたっぷり使う必要があることや、うっかり洗剤で洗ってしまうと一から油膜を作り直す必要があったりして、結局つかいこなせませんでした。

中華街の照宝まで出向いて買った品でしたので、ちょっと残念でした。

まとめ

フライパンに一生モノなし。スーパーのフライパンを使い捨て、が正解かも。

焦げつき防止加工のフライパンなら、お値段お高めの良質な油も、少し使えばいいから助かります。

 

スポンサードリンク